2020年度採用 大阪市教員採用選考テスト 4.27教採突破講座①

 この案内のダウンロードはこちら(PDF)

 この案内のダウンロードはこちら(Word)

 この講座のWeb参加申し込みはこちら

2020年度採用 大阪市教員採用選考テスト 4.27教採突破講座①

 大阪市の子どもたちのために毎日がんばっておられる講師のみなさん!
 大阪市教はみなさんの合格を応援しています!
 新学期、現職講師をしながらの面接の準備や筆記試験対策を一人でするのは苦労をともなうと思います。大阪市教では、教員採用試験の合格をめざす仲間と先輩教職員が力をあわせて励まし合いながら、採用試験学習会をしています。
 昨年も合格者から「先輩方からの実践に基づくアドバイスがとても役立ちました。」との感謝の言葉をいただきました。今年こそ教採合格をめざしてがんばりましょう!!

 下記の申込用紙を市教本部にFAXするか、ホームページから事前に申し込んでください。※大阪市教のホームページから申し込めます。

   この講座のWeb参加申し込みはこちら

 参加費は1000円です。(組合員の方は無料です。)

○日時 2019年4月27日(土)14時(受付開始)~17時

○会場 アネックスパル法円坂
(地下鉄かJR森之宮駅下車西へ8分、中央大通り沿い)

○講師   大阪市教の先輩教職員、青年教職員

○内容(予定)・合格体験談から学ぶ、「大阪市教員採用選考テスト」の心構え
       ・合格するエントリーシートの書き方とは?
       ・1次面接試験の練習

○定員  30名 (必ず事前に下記のFAX、もしくはホームページから申し込みをしてください。)

■主催 大阪市学校園教職員組合(大阪市教)・臨時教職員部

tel. 06-6910-8700    E-mail o-sikyo1(いち)@sea.plala.or.jp

申し込み…FAX 06-6910-7990 →この用紙を切らずに ↓ の方向に送信してください。
お名前(             )・・・現職場名(              )
連絡先(携帯番号           )・・紹介者(              )
受験コース…小学校、中学校の教科〈      〉、幼稚園小学校共通、養護教諭(幼稚園)
養護教諭(小学校・中学校・高等学校共通)、栄養教諭 (一次免除→ あり なし)

ニュース「大阪市教」556号を発行しました

ニュース「大阪市教」556号を発行しました

(1面)

○大阪都NO!維新政治に終止符を

○学テ結果・人事評価許すな

○児童虐待 競争教育 子どもの権利委員会所見

(2面)

○青年フェスタ 語り合い 仲間が増えた

○賃金上げろ!憲法変えるな

○「建国記念の日」不承認 象徴天皇制の危険性

○中学校給食就学援助 9月から全額

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

テスト漬けのサイクル確立 総合教育会議

テスト漬けのサイクル確立

総合教育会議 「学力向上に向けた総合的な制度構築」

   平成30年度第3回大阪市総合教育会議開催結果(大阪市HP)
      ↑録画映像へのリンクもあります。

   資料 学力向上に向けた総合的な制度構築について(PDF)(大阪市HP)
   資料 西村事務局顧問 説明資料(学力向上推進モデル事業における取組の進捗)(PDF)(大阪市HP)
   資料 大森特別顧問 提案資料(学校・校長及び教職員を対象とする新たな表彰制度等について(提案))(PDF)(大阪市HP)

テスト結果の向上度で 人事評価 教員カルテ構築

 教育委員、吉村市長、大森特別顧問が参加する総合教育会議(第3回)が1月29日に開催され、「学力向上に向けた総合的な制度構築について」(以下、「総合的な制度」)が決定されました。30日の新聞は、「テスト結果で校長評価 大阪市教委方針 賞与・昇給反映」(朝日)、「学テ結果で教員評価断念 大阪市 地方公務員法抵触恐れ」(毎日)と報じましたが、重要な内容を伝えていません。
 「総合的な制度」の本質は、「全国学力・学習状況調査における目標の達成に向け」「各種学力調査による学びの検証改善サイクルを確立」として、「振り返りプリント③」→全国学テ→「振り返りプリント①」→全国学テの結果を踏まえた教員研修→チャレンジテスト→「振り返りプリント②」の、「外部テスト」対策の年間取組を求める、テスト漬けのサイクルを確立することです。(資料 学力向上に向けた総合的な制度構築についてP3)

校長の人事評価に反映

 そして、「学力向上にかかる客観的数値に基づく行政評価(組織目標)と人事評価の関連付けにより、継続的に成果を挙げることを目指す」、「経年調査・チャレンジテスト結果の前年度からの向上度を学校評価の全市共通目標のひとつに位置づけ、校長のマネジメントのもとで学校全体で目標達成に向けた取組を行う。」とし、校長について、「上記結果を学校運営及び組織マネジメントに責任を負う校長の人事評価に反映。(具体的には、上記の全市共通目標の目標を目標管理の1つの項目として設定。)」としています。(同資料P6)

 学校教育の目標(学テの点数)を市長・市教委が決め(PLAN)、プリント学習を強要し(DO)、学テを実施し(CHECK)、「結果」に対して「責任」負わせる=人事評価(ACTION)、新自由主義の教育政策PDCAサイクルを確立するものです。

学力向上指標策定できず

 大森不二雄大阪市特別顧問が提案した、「新たな人事評価制度と学力向上データの利用について」では、「本市では、学力の高さではなく、学力の向上度を評価すべき」として、「公正・公平で客観的なデータ指標として学力向上度を測る指標を開発する」、「その基礎となる教育ビッグデータシステムの構築を加速する」とし、学力向上指標を向上させた大阪市上位2・5%の教員をSSと評定するとしていました。

 しかし、「総合的な制度」では、「子どもの学力に影響を与える要因は様々あり、学力向上指標(付加価値)を教員の授業指導力のみを表す指標とするには、それ以外の環境要因を排除する必要があるが、現状では下記の課題がある。○国においても考慮すべき要素(経済的・過程的要因)についてのコンセンサスがない○考慮すべき要素についてのデータ収集が困難である○習熟度別少人数授業における学級編成上の問題(単元ごとに学級編成を変更している学校がある)」ことを理由に、「当面の間、学力向上指標(付加価値)においては、環境要因を考慮しない。」としました。(同資料P5)

 「考慮しない」ではなく、出来ないのです。「家庭や経済力の差といった指導力以外の要因を排除できず、公正な人事評価を定めた地方公務員法に抵触する恐れがあるとして導入を断念した。」と毎日が書きました。

教員の人事評価 テスト結果活用

 地公法違反の指摘を避けるために教員への活用については、「人事評価において参考とする」としましたが、今年度からの新人事評価制度はテスト結果で教員を評価できる制度です。事実、学力経年調査の点数を上げる数値目標を設定させられた例があります。

教員カルテ構築

 「総合的な制度」では、「教育委員会から各学校へ小学校学力経年調査・中学生チャレンジテストにおける教員毎の前年度からの結果の伸びを示す差分平均を提供し、校長は、当該差分平均を各教員の授業力向上にかかる指導助言に活用するとともに、人事評価において参考とする」としています。(同資料P7)

 しかも、「学校評価WGや教育ビッグデータ活用検討PTにおいて、授業手法と学力との関係分析を進め、適正な根拠となる個々の教員のデータ集積を進め『教員カルテ』を構築し、完成した段階で改めて人事評価制度を設計」としています。(同資料P6)

教育を破壊する制度 これでいいのか

 学校教育の目標が学力テストの点数=数値目標に一面化され、子どもの成長・発達など顧みられない、まさに教育を破壊する「総合的な制度」と言わざるを得ません。

 「大阪市の中3生は年間で13回ものテスト漬け」との大阪市教の指摘に市民の怒りが広がり、「これでいいのか大阪の教育」との教育懇談会、学習会が各地で開催されています。

2.1教採突破講座➄募集(2月1日)

 この案内(兼FAX用紙)のダウンロードはこちら(Word版)
 この案内(兼FAX用紙)のダウンロードはこちら(PDF版)
 Webからの申し込みはこちら

2019年度 教採スタート交流会
2.1 教採突破講座➄ 募集

 大阪市教員採用テストの二次試験の結果発表が昨年10月19日にありました。 残念ながら不合格だった方から「仕事も試験も頑張っているのに…なぜ?」などの声も寄せられています。

 本当に大変な大阪市の教育現場を支えている講師の方こそ採用されるべきと私たちは思っています。来年度の合格を勝ち取るために、今年度の教員採用試験を振り返ります。また、合格された方の合格体験記、採用試験の成功談、失敗談、採用制度の改善への要望などを交流します。

 今年度の教員採用試験に一区切りをつけ、来年度に向けて再スタートを切りましょう。

 また、職場でもなかなか話ができない講師の思いや不安を出し合う交流の時間も予定しています。 臨時教職員のみなさん、また正規教職員の方の参加もお待ちしています。

☆ 申し込み方法
 下記の申し込み用紙を市教本部にファックスするか大阪市教のホームページから申し込んでください。
 参加費は1000円です。(大阪市教の組合員の方は無料です。)

日時 2019年2月1日(金)18時45分~
会場 アネックスパル法円坂 3階8号室
内容 ① 大阪市教員採用試験の振り返り、合格者の体験
   ② 教採制度・教採突破講座への要望
   ③ 教育現場での臨時教職員の思いや不安、要求の交流

主催 大阪市学校園教職員組合(大阪市教)・臨時教職員部
tel. 06-6910-8700
申し込み用紙  FAX 06-6910-7990
お名前(ヨミガナ)(         )
現職場名(             )
連絡先(携帯番号            )
紹介者(          )

ニュース「大阪市教」554号を発行しました

ニュース「大阪市教」554号を発行しました

(1面)

○主務教諭 育休不利益解消

○ママ友会議に参加すると 大事な情報が得られる

○学テ・評価反映 反対8000筆に

○評価点3点未満 昇給抑制 不当評価を許さない

(2面)

○辺野古土砂投入STOP「勝つまでたたかおう」

○W選 市民不在の闇取引 夢洲駅250mビル構想

○生野区西部学校統廃合 設置協 強行許すな 町会・PTA陳情

ニース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

 

ホントたいへん! 道徳の授業(1月25日)

2018年度  第4回 連続講座先輩のワザ伝授 (港支部・西大阪支部共催 南大阪支部協賛)

ホント たいへん!道徳の授業

ー教え込むのではなく、子どもの声が引き出せる授業をー

道徳が教科化されて1年近くがたちました。道徳にまつわるさまざまな悩みが寄せられています。
日々の忙しさの中でなんとか実践していますが、これでいいだろうかという思いはありませんか。
それらを持ち寄り、教え込むのではない道徳について考えてみたいと思います。

日 時  2019年1月25日(金)18時30分~

場 所   難波市民学習センター 第3研修室
   大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階 【TEL】06-6643-7010
           【地下鉄】御堂筋線・四つ橋線・千日前線「なんば」駅下車
    【JR】「JR難波」駅上 【市バス】「JR難波駅前」下車すぐ

連絡先  大阪市学校園教職員組合  
06-6910-8700 メールアドレス o-sikyo1@sea.plala.or.jp (大阪市教)
 港支部(FAXで 06-6581-6374)   西大阪支部・南大阪支部(大阪市教へ 06-6910-8700)       

ニュース「大阪市教」553号を発行しました

ニュース「大阪市教」553号を発行しました

(1面) 

○学テ・人事評価反映反対 陳情6000筆

○市労組連 給与・一時金プラス改善

 インフルエンザ 病休有給

○深刻な講師配置の遅れ

(2面)

○安倍9条改憲 発議許すな

 市民と野党の共闘

○万博 巨大開発やめよ カジノ誘致反対 

○学校事務力をアップ JPの会

 

4.27教採突破講座① 参加申し込みフォーム

4.27教採突破講座①

お名前 (必須)

所属校園(在職でなければ空白でかまいません)

連絡先携帯の番号 (必須) 受付確認はショートメールで行います

紹介者(いなければ空白でかまいません)
さん

受験コース
小学校中学校の教科幼稚園小学校共通養護教諭(幼稚園)養護教諭(小中高共通)栄養教諭

中学校の教科
国語社会数学理科音楽美術保健体育技術家庭英語

一次免除
ありなし

現職の講師ですか
現職の講師です現職の講師ではありません

お問い合わせなどがあればお書きください

確認画面は表示されません。上記の内容で送信しますので、よろしければチェックを入れてください。それから下の「送信」ボタンをクリックしてください。 (必須)
確認


ニュース「大阪市教」552号を発行しました

ニュースー「大阪市教」552号を発行しました

(1面)

○学テ結果・人事評価10・11組合員集会

○カジノ・「都」構想より いのち、暮らし、防災

○9条改憲阻む3000万人署名

(2面)

○第27回大阪市教 教育研究集会

○学び合い語り合う道徳を

○市労組連 病気休暇当初3日間有給に

○臨時教職員交流会

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

しゃべり場!第2弾「リアルな話! 道徳をどう実践していく?」(11月2日)

2018 しゃべり場! 第2弾
今回のテーマ 「リアルな話! 道徳をどう実践していく?」

日時 2018年11月2日(金)午後6:30~8:30 頃
場所 福島区民センター 303号室

内容①『特別の教科 道徳』実践交流・課題交流
    (教材、評価、課題、それによる多忙化など)
  ②2、3学期を見据えてどう向き合っていくか
    (民主的道徳の視点、実践事例など)

 迷いながら日々の忙しさの中、なんとか実践しているそこのあなた!
 若手~ベテランで学び合おう!答えは見つかる。ぜひ、ご参加を☆
※これまでに実践した資料を持って来ていただけるとより深まります。
 よろしくお願いします。(個人情報の取り扱いにはくれぐれご注意ください)