学校つぶし条例に反対する陳情書

 この陳情署名用紙のダウンロードはこちら(PDF)

大阪市会議長 様

子どもと教育、地域にとって大切な学校の統廃合について、保護者・地域・住民との合意形成を突然放棄し、学校つぶしを強行する条例制定を行わないことを求める陳情書

(陳情趣旨)

 大阪市教育委員会は1月15日、松井一郎市長も出席する総合教育会議で、11学級以下の小学校の統廃合を教育委員会主導で進めるための条例を定めることを確認しました。「文部科学省によると、小学校の統廃合に関して条例をつくるのは異例」、「成立すれば、市立小289校のうち3割近い84校が対象となる」と報じられました。

 生野区西部地域ではいま、12小学校を4小学校に統廃合する計画に対して、保護者、地域に不安が広がっています。「統廃合になれば、いま1学級20数人(以下もある)が35人、40人近くになる」、「少人数で進められているゆきとどいた教育ができない」、「学校が遠くなり子どもの足では通学に40分かかる」、「低学年の交通事故が心配」、「校区が広がり見守り活動が困難」、「災害が増えているのに避難所が無くなる」、「学校施設での生涯学習が盛んなのにどうなるのか」、「小学校は地域のコミュニティーの核なのに」、「学校が近いので引っ越してきたのに」、「人口減少に拍車がかかる」などです。

 地域では、統廃合ありきではなく、もう一度考えようと懇談会が開かれ、ポスター「子どもたちは地域の宝」、「住民合意抜きで小学校つぶしたらアカン!」が張られ、新校開校2019年4月の当初計画を許していません。大阪市会に陳情「『統合ありき』で強行はやめ、地域・保護者と話し合うことを求める陳情書」が出され「継続して審査」の扱いとなっています。

 焦った市長は、保護者・地域・住民との合意形成を突然放棄し、学校つぶしを条例制定で強行しようとしています。維新市政の狙いは統廃合で学校数・教職員数を減らして教育予算を削減すること、跡地の民間活用です。安倍政権の「地方創生総合戦略」-「公的不動産と民間活力の有効活用」をあからさまに進めることです。地域で育つ子どものこと、教育のことを考えているとは思えません。

 小学校でそろばんを教えている町会長さんが、「20人だと一目で見れて、指の動きも見て指導できる」と言われたように、大阪市がやるべきことは少人数学級を実現し、ゆきとどいた教育の条件整備を行うことです。

(陳情項目)

1.保護者・地域・住民との合意形成を放棄し、学校統廃合を強行する条例を制定しないこと。

2.少人数学級実現、教職員増など教育条件を改善すること。

2020年  月   日

 

ニュース「大阪市教」565号を発行しました

ニュース「大阪市教」565号を発行しました

(1面)

○1年単位の変形労働時間制 導入あり得ない 青年が怒り

○臨教部総会 要求実現を交流 さらに前進を

○障教部交流会 実践、職場、子育て 定数改善、教員増を

○事務職員不在増やす 共同学校事務室

○第21回ママ友会議 マタハラ許せない

(2面)

○「都構想」2020年決戦に勝利を

○全国学テ抽出で 土佐町議会

○講師等給与処遇改善 給料表上限号給増設

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」564号を発行しました

ニュース「大阪市教」564号を発行しました

(1面)

○「都構想」ストップ!700人 市民の分断はねかえそう

○高校つぶし許すな 市立高校府移管反対

○月額化うれしい 事務職員臨任

○♯Me Too 大阪女性行進

(2面)

○安倍改憲阻止 憲法生を生かす政治の実現を

○市対連 給食費無償陳情提出

○安倍首相 歴史を偽造 教科書採択取り組み交流

○JPの会 共済の事務手続き

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」563号を発行しました

ニュース「大阪市教」563号を発行しました

(1面)

○カジノあかん!夢洲危ない!800人超え

○北・淀川・天王寺特別区 現市役所活用

○変形労働制法案 廃案に

○止めよう改憲発議 安倍政治を終わらせよう

(2面)

○事務職員「日額臨任」月額化 待遇改善実現

○子どもも高齢者も 笑顔で住み続けられるまちを

○チャレンジテスト等々 維新の「教育こわし」告発

○日韓問題 植民地支配を直視し市民の相互理解を

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

 

 

ニュース「大阪市教」562号を発行しました

ニュース「大阪市教」562号を発行しました。

(1面)

○先生増やして教育守れ 変形労働時間制反対署名を

○カジノあかん!夢洲あぶない!10.22市民集会

○松井市長発言に抗議 慰安婦・障害者・原発汚水

(2面)

○維新 大阪市解体へ暴走 市対連が宣伝

○学校給食無償化を

○技労職 2級班員創設 昇格基準を改善せよ

○育鵬社歴史教科書ファクトチェック100

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

第28回 大阪市教 教育研究集会(10月12日)

第28回大阪市教教育研究集会

主催大阪市学校園教職員組合

「今こそ学び、つながり合う、学校園を」

日時 10月12日(土)(13:30~18:00)
13:30~受付開始
※保育あります
14:00~分科会
16:00~記念講演
会場:アネックスパル法円坂 

記念講演 (16:00~)

「学力テスト体制下で教育評価の役割を問う」
      講師 谷口知美さん

(和歌山大学准教授、大阪教育文化センター副代表)

東大阪市出身。専門は教育方法学。主な論文は、「『発達の最近接領域』の評価
に関する実践的研究-算数授業におけるダイナミック・アセスメントの試み-」、「貧困問題の授業における当事者性」「グループ学習を活用したダイナミック・アセスメント-中学校社会科における試み-」。

楽しく学べる分科会 (14:00~15:45)

教育実践に役立つ講座、レポート実践交流会
悩める明日のヒントいっぱい!出会いいっぱい!

道徳科の授業~道徳ノートにしばられない実践と評価

(報告者)小学校教員
 道徳ノートに頼らずに豊かな心情を育めるような実践とその評価を考えていきます。大阪市の道徳部の実践評価を中心に話をしていただきます。

「自分時間を大切に」~働き方を考えよう

(報告者)小学校教員
①ほんまの「先生の仕事」って何? 自分時間のつくり方
②メイクアップ講座で心と体に潤いを~仕事おわりにもすぐできるメイク術~
    男性も参加できます。
③ヨガで心と身体をリフレッシュ。

②・③は同一講座内で選べます。

わかってできて学びあう体育学習とは

(報告者)小学校教員
 朝日新聞の「はなまる先生」にも掲載された先生の実践を学びます。タグラグビーなどの実際の授業の風景や、グループ学習のすすめ方、子ども達の反応のようす等をもとに、子ども達が考え話しあってすすめる「学び」について学びましょう。

学べば元気! 子どもと楽しむ障がい児教育

(報告者)小学校教員
 小学校の特別支援学級の実践から子どもの気持ちに寄り添い、発達を保障する教育を考えましょう。障害のあるなしこ関わらず学校の中で「困っている」子への支援や学校体制などで悩まれている方へのよろず相談も行います。

環境学習につながるネイチャークラフトづくり

(講師)大阪市環境事業協会
 深刻化する環境問題に関心を持ち、自然素材を使って製作することで身近な自然と親しむことを目的とする。学校保健委員会等の取り組みにも活用できる。落ち葉を使ったスライドグラス風カード、木の実を使った首かざりやストラップづくりや環境問題の学習をします。

パワハラのない職場をつくろう

(講師)西川大史 弁護士(民主法律協会)
 残念ながら学校現場にもパワハラが存在しています。管理職からのパワハラのみならず同僚からのパワハラを受けた組合員もいました。パワハラの嵐、職場づくりについて講義していただき、交流できればと企画しました。弁護士の先生より、パワハラの定義、債務不履行責任や安全配慮義務、使用者責任といった法的側面からの解説と実際にパワハラの被害者になってしまった場合やその可能性のある場合の対処法など講義していただきます。

子どもと楽しむ手作り工作

(講師)香田太郎さん(学童保育指導員)
かんたんで子どもが夢中になる工作をいっしょにしましょう。小さい子もできるので親子で参加大歓迎。組み合わせパズルなどを作ってあそびます。

学校給食無償化・義務教育の完全無償化を

大阪市会陳情「学校給食の無償化を直ちに、義務教育の完全無償化実現、教育条件の改善を求める陳情書」の取り組みが始まりました。9月~12月市会に提出します。

(陳情項目)
1.学校給食費を直ちに無償にすること。
2.義務教育の完全無償化を国に要求するとともに、市独自で教育費負担を軽減すること。
3.就学援助の所得基準額をあげること。就学援助制度を拡充すること。学用品費を学校徴収金相当額ではなく、国の基準通り支給すること。
4.学校統廃合をやめ、ゆきとどいた教育を進めるため、少人数学級を実現すること。

陳情署名用紙1面(PDF)

陳情署名用紙2面(PDF)

生野区小学校の統廃合は決まっていません

生野区の学校統廃合を考える会は、「小学校の統廃合は決まっていません。」のビラ・ポスターをつくり、地域に配布・張り出しました。

「子どもは地域の宝」「学校は地域のシンボル」

「もういちどみんなで考えよう」と呼びかけています。

生野区の学校統廃合を考える会ビラ(PDF)

「慰安婦」問題はデマとの松井市長発言を批判する

大阪市をよくする会は9月2日、以下の声明を発表しました。

歴史を偽る「『慰安婦』問題は完全なデマ」発言、「慰安婦像は行政が主催する展示会で展示するべきものではない」との憲法違反の「検閲」正当化を許すな!

松井大阪市長に抗議し、謝罪を求める声明

よくする会声明(画像PDF)

ニュース「大阪市教」561号を発行しました

ニュース「大阪市教」561号を発行しました。

(1面)

○原水禁大会inNY2020へ 子どもに核兵器の悲惨さを語る

○第20回ママ友会議 産休講師が決らず不安

○「空白の1日」解消 臨教の労働条件改善を

○仲間が増えた! 教採講座、つながり、相談で加入

(2面)

○特別区 都市計画権限 市未満 市対連総会

○学校給食の無償化を直ちに 義務教育の完全無償化を(市会陳情)

○生野区 学校統廃合 めげずに共同行動

○中学校分会学習交流会 学習 共に成長を

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)