ニュース「大阪市教」568号を発行しました

ニュース「大阪市教」568号を発行しました。

(1面)

○生野区学校統廃合計画 強引にすすめるな

○「休校措置」に申し入れ 学習権の保障を

○続々と仲間が増えた

○カジノよりコロナ対策を

(2面)

○子どもの権利NGO 大阪の子どもたちは

○不妊治療経験者が発言 労働条件交渉

○市労組連 春闘要求提出 感染症、災害対応

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

学校統廃合を考える学習・交流集会

 学校統廃合を考える学習・交流集会ビラ(PDF)

大阪市の学校統廃合を考える学習・交流集会を開催します。

市教委主導の統廃合で子どもは?
地域は? どうなるの?

大阪市は学校活性化条例を一部改正し、11学級以下の小学校を
教育委員会主導で統廃合しようとしています。子どもにとって地域
にとって大切な学校の問題をともに考えましょう。

講師 山本由美さん(和光大教授)

日時 4月25日(土)13時30分

会場 大阪グリーン会館(地下鉄南森町駅・JR大阪天満宮)

「全校休校措置」に関する緊急申し入れ

「全校休校措置」に関する申し入れ

 大阪市教は3月9日、大阪市教育委員会に「『全校休校措置』に関する緊急申し入れ」を行いました。科学的根拠に基づかない唐突な発表による一斉休校が行われ、一週間が経過し、子どもの学習権(教育への権利)、学校の混乱、保育所、学童保育、保護者の休業補償など様々な問題が起こっていることから、申し入れたものです。

「全校休校措置」に関する緊急申し入れ(PDF)

①医学的、科学的根拠、教育保障の観点を踏まえた対応を教育行政として行うこと②唐突な臨時休業の延長、学校の再開で混乱が起きないよう現場の意見を聴くこと③経済的困窮、学童、障害のある子の居場所の確保
④給食業者等経済対策
⑤教職員の加配置、柔軟な服務

以下は申し入れの内容です。(PDFと同じ内容です。)

======================

2020年3月9日

大阪市教育委員会
教育長 山本晋次 様                               
大阪市学校園教職員組合
執行委員長 宮城 登

「全校休校措置」に関する緊急申し入れ

 第2回大阪市新型コロナウイルス関連所属長連絡会議は、2月27日午後4時30分からの会議で、大阪市立幼稚園・小学校・中学校の2月29日(土)~3月13日(金)の間の臨時休業を決定しました。同日のこの後に安倍首相が、新型コロナウイルス感染症対策として、「全国の全ての小学校、中学校、高等学校、特別支援学校について3月2日から春休みまで臨時休校を行うよう要請する」との発表を行いました。大阪市立の高校については、2月28日(金)に、4月7日(火)まで教育活動等(部活動を含む)を行わないこととする通知が大阪市教委より発出されました。

 唐突な発表による一斉休校を要請された期間は、年度末を迎え、幼児・児童・生徒の将来に関わる進路決定や一生の思い出となる行事なども予定されており、幼児・児童・生徒の安全確保や授業、学校行事、入学試験への対応等について多くの課題が生じ、大きな混乱を招いています。また、多くの保護者から「仕事を休むことができない」「休業した場合の減収により生活が困難になる」「より感染リスクが高いと指摘される保育所、学童保育を開けて、学校を休校とすることに整合性がない」「一日中家の中で子どもを見るのは無理」、子どもたちからは「(休校で)退屈で仕方がない」「友達と一緒に勉強して遊べないのが大変辛い」等々の切実な声が今も新聞やテレビで多々報告されています。

 子どもたちへの感染リスクを検討し、臨時休校を行うことが必要である場合でも、各学校の設置者が、子どものいのちと健康を守ることを最優先に、専門家・教育関係者の英知を結集し、それぞれの地域や学校の実態を踏まえて対応するべきです。今回の対応は、専門家の知見に基づく十分な検討を経て行われたものではありません。ここに極めて重大な問題があることはだれの目にも明らかです。

 大阪市教は、今回の唐突な一斉休校の措置に関して、子どものいのちと健康を守ることを最優先に、専門家・行政関係者・教育関係者の英知を結集して、人員配置や財政措置を含む対応をされることを強く求め、緊急に下記の点について申し入れます。

1.子どものいのちと健康を守ることを最優先に、客観的データ、医学的知見など科学的な根拠に基づいて、かつ教育関係者の英知も結集し、子どもたちの教育保障、発達保障の観点もしっかりと踏まえた対応を、憲法と教育の条理に基づき、教育行政として行うこと。

2.ユネスコ(国連教育科学文化機関)3月5日声明「新型コロナウィルス対策の休校で世界で少なくとも2億9千万人の子どもが影響を受け、教育を受ける権利が損なわれる恐れがある」を踏まえ、臨時休業にあたってはそのデメリットに対しての論議も十分に行い、幼児・児童・生徒の教育権の保障、休業の期間や休業中の学校のあり方を含め、教育関係者の英知を結集し対応すること。唐突突然な臨時休業の延長、学校の再開で混乱が起きないよう、各種専門家の意見を踏まえ現場の声も聴き対応を行うこと。

3.貧困から子どもを守るために、経済的に厳しい家庭の子どもたちへの支援対策等を、また、学童保育の体制や障害のある子どもたちの居場所の確保など社会インフラの整備を他の機関・課と連携し行うこと。

4.臨時休業措置などの「コロナ」拡大防止対策によって、給食食材納入業者や運輸業界などが大きな打撃を受け、経済悪化が懸念される。これに対する経済対策を府の関係機関とともに国に要請すること。

5.教職員が安心して必要な対応ができるよう、必要な教職員の加配や柔軟な服務の扱いを可能とすること。また、妊婦や基礎疾患のある教職員、家族に高齢者がいる教職員もあることから、教職員の感染リスクを減らすため、次の措置を行うこと。

 (1) 必要な教職員の加配を行うこと。

 (2) 教育公務員特例法第22条に基づいて自宅での研修を積極的に奨励すること。

 (3) 前述のような事情を抱える教職員の自動車通勤を認めること。

以上

 

ニュース「大阪市教」567号を発行しました

ニュース「大阪市教」567号を発行しました。

(1面)

○維新・公明 小学校つぶし条例強行

○大阪市解体構想 財源のない特別区

○変形労働時間制NO!

○JPの会 パワハラのない職場づくり

(2面)

○新・青年フェスタ 仲間が増えた

○大阪市 給食無償化を検討 直ちに実施を要求

○2020春闘宣言集会 すごい!労働組合

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」566号を発行しました

ニュース「大阪市教」566号を発行しました

(1面)

○小学校統廃合(11学級以下)、市立高校府移管

 大阪市解体=「都構想」 暴走する維新の会

○カジノ 広がる汚職 禁止法案成立を

○「変形労働時間制」許すな 署名を広げよう

(2面)

○市民と野党の共闘で政治を変えよう! 安倍9条改憲を許すな

○市労組連 「月額臨任」実現、不妊治療休暇を制度化

○教採突破講座 8年越しの合格体験

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

 

秋の交流会・・・青年25名を含む50名を超える教職員が集まりました

 11月8日金曜日、難波で港支部が呼びかけた秋の交流会を開催しました。
   市教青年部の奮闘で青年25名を含む50名を超える教職員が集まり、普段忙しさの中であまり話ができていない同僚や他の職場の教職員と交流することができました。
 子どものことや学校のことなど、いろいろな話題で会話も弾み、あっという間の3時間でした。
   今後も、職場を越えた楽しい取り組みを開催していきたいです。

港のつどい180名を超える参加が

第50回港のつどいにご参加ありがとうございました。

藤井美穂さん&滝川雅弘さん 素敵なジャズライブ
ハイレベルなピアニスト&ボーカリスト藤井美穂さん
ジャズ・クラリネットの異才  滝川雅弘さん

◇10月18日(金)午後6時から、港区民センターで開催された第50回港のつどいには、各職場と地域のみなさんの180名越える参加で無事終えることができました。今年が最終ということで、港支部に関わっていただいたOBの方にもたくさん参加をいただきました。                        

◇メイン舞台は19時から19時50分まで、ハイレベルなピアニスト&ヴォーカリストの藤井美穂さんとジャズ・クラリネットの異才滝川雅弘さんによる「すてきなジャズライブを」開催。

藤井美穂さんは、幼少の頃からクラシックピアノを始め、ジャズに魅せられ、様々なセッションを経て、現在関西中心に活動。滝川雅弘さんは、元教員ですが、ジャズのクラリネット奏者の道へ。

藤井さんのジャズピアノと甘くて渋い歌声・素晴らしい音のクラリネットの演奏。ジャズスタンダードナンバーの「枯葉」が初めに演奏され、会場を一気にジャズの世界に引き込みました。

「私の青空」「ラヴ」「スターダスト」「チェロキー」などの曲が演奏され、その素敵な歌声・演奏は、港区民ホールをライブ会場にし、聴衆を魅了しました。

◆今回も、文化の交流ということで、絵画・書・写真など教職員の作品を展示しました。

◆バザーも、各団体ともいろいろ工夫して品物をそろえたり、時間をかけた手作り品で参加したりして、楽しく交流できました。

◆つどいのチラシは、裏面に各参加団体の広告を載せることとし、各団体の新聞折り込みやポスト入れ等で10,000枚を配布することができました。また、今回も地域情報誌に掲載してもらうことができ、「チラシを見て来ました」など新しい参加者もふえました。(港のつどい実行委員会事務局 小山)

★参加者の感想から★

◆メイン舞台の内容

〇初めて聞いたけどとてもよかった。

〇やっぱり生の演奏はすばらしい!!

〇ジャズの生演奏、久しぶりですが、本当によかったです。響きが今も残っています。

〇とてもすてきなジャズでした。本物っていいですね。

〇藤井美穂さんのピアノが聞きたくて参加しました。クラリネットとのセッション素敵でした。

◆バザー

〇買い物するのがとても楽しかったなあ。

〇地域のみなさんがんばっていらっしゃる姿が見えてうれしいです。これからのこんなつどい何かの形で続けていきましょう。

 ◆その他 港のつどい(終了)ついての、感想・意見

〇すばらしい時間ありがとう。

〇ありがとうございました。毎年、いろいろ楽しかったです。

〇今日で終わるのがとても残念。また再開してください。

〇残念です。大変でしょうがもう少し続けてほしいです。

〇初めての参加でしたが、今回で終了とのこと。残念です。こんな手作りの取り組みがだんだんなくなっているので残念です。また復活!!されることを願います。ありがとうございました。

〇50年もすごいなあ~という感想です。メイン舞台も種々様々で、文化的で、地域とともに生きたものだったと思います。現場の参加が少なく、学童の子もいなくさみしいかぎりです。永年、本当にありがとうございました。

〇淋しいですね。毎年、参加させていただいていたのに。長い間、お世話になりました。類似したセレモニーはなくなるのでしょうか。

〇惜しいというところで終了・・・・これも考えての上のことでしょう。またどこかでお会いしましょう。

〇50回とてもお疲れさまでした。でも残念です。これからも、懇談会していきましょう。教育のこと、教師と親、地域がざっくばらんに話せる、そして、子どものために行動できるようにがんばりましょう。

〇高校つぶし、教育署名で大変お世話になりました。これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。

◆メールなどでよせられた感想

    • 本当に長い間、ご苦労様でした。ジャズライブも、楽しみにしております。
    • ライブ素敵で、区民センターにいることを忘れそうでした。難しい楽曲も、あんなに気持ち良さそうに、弾かれて歌われて、すばらしい、うっとりでした。なのに、歌声ひろばで伴奏をされているなんて、えらいなあ。
    • コンサートに行くことが最近ないので、すばらしい演奏が聴けてとても楽しかった。
    • 「昨日、行ったよ。あんな素晴らしい演奏が無料で聴けるなんて。とてもよかったよ。なくなるのが残念」(職場で)
    • 永い間、港のつどいご苦労様でした。今までのご尽力には本当に、頭が下がります。お疲れさまでした。50回本当にすばらしいことだと思います。港のつどいをみせていただきながら、懐かしく思い出しておりました。あいさつでも、思いがひしひしと伝わる素敵な話でした。
    • 港のつどいを終了したことを謝ることはないと思います。毎年、企画、段取り、準備されて、本当に、よく頑張ってこられたなあと感心させられるばかりです。どうかゆっくりなさってください。

   港のつどい開会

ミロの松枝さん 出演者紹介を
素敵やジャズに聴き入って
西区新婦人もバザーで参加を
港新婦人はメッセージ表示して
談笑中・・大阪市教港支部のOBの方にたくさん参加していただきました
今年も絵手紙・絵・書・写真の展示を

50年間という長きに渡って、大阪市教港支部の港のつどい(婦人のつどい)を応援していただきましてありがとうございました。

中学校道徳教科書展示会

 大阪府はホームページで、「平成31年度使用教科書展示会場」一覧を掲載しました。(更新日:2018年5月18日)

「平成31年度使用教科用図書展示会

 法令に基づき、大阪府教育委員会は、大阪府教科書センターを府内に69箇所に設置しています。学校の校長及び教員、採択関係者の調査・研究のため、毎年度6月から7月にかけての一定期間、次年度使用する教科書の展示会を行っています。」

 ニュース「大阪市教」5月10日付で既報のように、韓国ヘイト本出版「晋遊舎」の会長が代表取締役の「日本教科書」が教科書検定を合格し大きな問題となっています。

 旭区役所では5月29日から始まります。大阪市教は、教科用図書展示会への参加を呼びかけます。

 平成31年度使用教科書展示会場(PDF)

 

2019年度教員採用選考テスト勉強会(大阪市教・市高教・府高教・大障教 共催)

 この案内のダウンロードはこちら(終了)

大好評!採用試験のことなら藤本先生

2019年度採用試験に向けての教員採用選考テスト勉強会
合絡をめざして!

講師で毎日がんばっているあなた、

教室で「せんせい」でがんばっているあなた、

いっしょに勉強して、合格をめざしましょう。

<参加費は無料です。遠慮なくお越しください>

日程

①第1回・2018年5月25日(金)午後6時30分~

②第2回・2018年6月1日(金)午後6時30分~

③第3回・2018年6月8日(金)午後6時30分~

会場 エル・おおさか(大阪府立労働センター7階709
  京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
  京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m

講師 藤本敦夫先生(大阪音楽大学)

内容 「教育法規」「教育関連時事問題」「論文・面接のポイント」

定員125名 先着順で申し込み受け付けます

分会長にお申し出ください。

主催 大阪府立高等学校教職員組合、大阪府立障害児学校教職員組合、大阪市立高等学校教職員組合、大阪市学校園教職員組合

「めざそう!仲間とともに、なにわの教員採用選考学習会」(有料)は、①5/19(土)、②6/9(土)、③6/23(土)の日程で行われます。

ニュース「大阪市教」534号を発行しました

(1面)

○地下鉄売却金でカジノ誘致NO!

○建国記念の日不承認集会

 憲法施行70周年 戦争放棄は国民の権利

○若手JIMUの会 仲間が増えた!

(2面)

○学んで、語って、つながった!青年フェスタ

○学校統廃合撤回!チャレンジテスト反対!

○社会を変えるのは私たち 2017春闘宣言集会

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)