要求実現のため、選挙に行って政治を変えよう!

市民連合、立憲、共産、社民、れいわ 共通政策合意

要求実現のため、選挙に行って政治を変えよう!

大阪市教 2021衆院選学習討議資料を発行しました。

 大阪市教は「2021年度のとりくみ」で、「10月21日任期満了となる衆議院の総選挙に向けて要求の実現のため、組合員の参政権の積極的行使を呼びかけます。全教方針『市民と野党の「共通政策」(憲法9条改悪反対、教育予算の拡充など)や中央段階での政権構想を含む共闘を市民とともに大いに前進させます』を大阪においてすすめます。」と決定しました。

 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合は9月8日、野党共通政策の提言を発表し、立憲民主党、日本共産党、社会民主党、れいわ新選組の各党首が合意・署名しました。

 大阪市教は参政権の積極的行使、教職員の総対話を呼びかけます。

ニュース「大阪市教」(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2021年9月2日(583号)を発行しました

ニュース「大阪市教」2021年9月2日(583号)を発行しました。

(1面)

○核禁止条約を力に核兵器廃絶 条約批准する政府をつくろう

○マルかじり10周年 資本主義を学び、交流

○35人学級 全学年に 市会陳情11月提出

○第25回ママ友会議

○仲間が増えた!「学び、交流する」組合に入ります

(2面)

○知識を伝える教育は過去のもの 教育のつどい2021

○競争・テスト至上主義 維新の政治終わらせる

○教育懇談会を全市で

○人事院勧告 不妊治療休暇の新設

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

「学校現場への抗原検査導入反対」要求書提出

「学校現場への抗原検査導入反対」要求書提出8月30日

 大阪市教・養護教職員部は8月30日、「学校現場への抗原検査導入反対」要求書を提出しました。

 「抗原検査を学校現場に導入することは、教職員と子ども・保護者との関係性を難しくし、教職員の業務の過大な負担と教職員のメンタルヘルスや感染リスクに大きな影響を及ぼすと考えます。抗原検査の学校現場導入には強く反対し、学校現場に押し付けないことを要求します。」

 国際医療福祉大学教授の和田耕治氏は、「小中学生が自分たちで検査するということは基本的にないと考えます。医療機関を受診させて下さい。」と指摘しています。

 そして、学校園に通知する場合、9点にわたって明らかにすることを求めました。

大阪市教ニュース(画像PDF)

 

不妊治療休暇の新設(人事院勧告)

一時金引き下げ0.15月(人事院勧告)

不妊治療休暇の新設

 人事院は8月10日、国家公務員の給与に関する勧告と人事管理に関する報告を行いました。月例給は改定を行わない、一時金は、期末手当を0.15月引き下げる(年間4.3月とする)。これによって平均年間給与(行一)が6.2万円下がることになります。再任用の一時金は0.1月引き下げ。 

 新型コロナウイルス感染症の対応等で奮闘している職員の労苦、生活実態に目を向けないものです。月例給マイナスの懸念もありましたが、改定無しは全労連等が粘り強く交渉を積み重ね、少なくない組合で賃上げを勝ち取り、春闘相場下落を押しとどめた結果です。

 公務労組連絡会の重点課題のひとつとして追及してきた不妊治療のための休暇(有給)が新設されることになりました。休暇の期間は原則として5日、体外受精や顕微授精等の頻繁な通院が必要とされる場合は、さらに5日くわえた範囲内とし、休暇の単位は1日または1時間。市労組連交渉を強化します。

オンライン学習問題討議資料を発行しました。

オンライン学習問題討議資料を発行しました。

要約

その結果、プロジェクターを除くICT 機器の使用は概ね学力に対して負の影響を与えており、政策意図とは逆に生徒の学力を引き下げていることが明らかになった。

はじめに

その結果、現在のICT教育には学力をさせる効果はなく、むしろ逆効果であることが判明した。そのため、現状のICT教育を推進する政策を一時的に中止し、効果的な使用方法を研究・開発した上で、再導入することを新たな政策として提言する。

討議資料(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2021年7月8日号(582号)を発行しました

ニュース「大阪市教」2021年7月8日号(582号)を発行しました。

(1面)

○集まって語ることが重要 拡大中央委員会

○免許更新廃止を求める声

○集まれば元気 語り合えば勇気

(2面)

○登校制限で「学び」奪う 2年後の選挙勝利で転換を

○母親大会 連帯が政治を変える

○ストップ維新市民連帯集会  教育 政治家の関与だめ

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

ニュース『大阪市教』2021年6月3日号(581号)を発行しました

ニュース『大阪市教』2021年6月3日号(581号)を発行しました。

(1面)

○市長は地教行法違反を止めよ 保護者が学習権を守る行動

○大阪市の財源で 子ども、教職員 PCR検査を

○統廃合いったん立ち止まれ 住民に説明ない 小中一貫

○府市一元化 市民の命守れ!

(2面)

○憲法学習会 立憲野党で政権交代

○夏季手当6月30日 2.225月

○エントリシートで質問を引き出せ

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

ニュース『大阪市教』2021年5月13日号(580号)を発行しました

ニュース『大阪市教』2021年5月13日号(580号)を発行しました。

(1面)

〇学んでいい先生になりたい しんかんフェスタ

〇複数年受験者 合格体験談 教採突破講座

〇仲間が増えた!隣席の新採用者に声をかけ

(2面)

〇維新政治では命を守れない オンライン授業押しつけ止めよ

〇コロナ禍 首長の大失策 維新政治を終わらせる

〇市人事委員会に要請

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

ニュース『大阪市教』2021年4月1日号(579号)を発行しました

ニュース『大阪市教』2021年4月1日号(579号)を発行しました。

(1面)

○「広域行政一元化条例」廃止を!

○国際女性デー ジェンダー平等 国際基準に前進を

○第24回ママ友会議 ワザ、お土産たくさん

○仲間が増えた!新採用者が加入

(2面)

○コロナ禍での教育課程 濃密な対人関係の中でこそ

○労働条件回答交渉 妊娠障害休暇14日に

○たんぽぽだより 春!新たなスタートです!

ニュース「大阪市教」1面 (画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

ニュース『大阪市教』2021年3月4日号(578号)を発行しました

ニュース『大阪市教』2021年3月4日号(578号)を発行しました。

(1面)

○都市計画奪う 府への従属条例

○給食無償化・20人以下学級陳情署名提出5300筆

○学校給食無償化継続、中3統一テスト廃止

(2面)

○教採突破講座 新採用者、講師応援

○建国記念の日不承認のつどい

○2021春闘宣言集会 医療、雇用がか危機的

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)