ニュース「大阪市教」573号を発行しました

ニュース「大阪市教」573号を発行しました。

(1面)

○「二重行政」理由にコロナで必要なものを壊した

○狙いは巨大開発 住民サービスは必ず低下

○教育のつどい2020 子どもの心を開く教室

(2面)

○大阪市立高校の府移管・高校つぶし反対

○大阪市総合教育会議「個別最適化」

○労働条件・専門部要求書提出

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」572号を発行しました

ニュース「大阪市教」572号を発行しました。

(1面)

○大阪市民の税金を大阪府に上納 府に従属する特別区民に成り下がる

○許すな!大阪市廃止「都構想」住民投票

○市対連総会「都構想」詐欺度アップ!

(2面)

○教室をさらに「密」にする学校統廃合

 子どもたちに20人以下学級 地域に残そう小規模校

○育鵬社教科書 不採択 学校の調査研究尊重

○オンライン授業の問題点

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」571号を発行しました

ニュース「大阪市教」571号を発行しました

(1面)

○大阪市廃止 協定書案 可決

 コロナ危機よそに住民投票へ暴走

○「学校の新しい生活様式」20人以下学級

○フェースシールド等 過剰な制限止めよ

 市長の介入で学校混乱

(2面)

○育鵬社教科書を再び採択させないために

○妊娠中の教職員配慮 テレワーク マイカー通勤

○教採突破講座②③

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」570号を発行しました

ニュース「大阪市教」570号を発行しました。

(1面)

○「組合が身近に感じられ、ありがたい」中央委員会

○休校「効果乏しい」小児科学会

○子どもの栄養、健康深刻、子ども食堂支援

○コロナ対策で繋がり増える ピンチをチャンスに

(2面)

○大阪市廃止、カジノNO

○小学校統廃合強行 学校をさらに「密」にするな

○教科書採択で市教委に要望

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

 

 

ニュース「大阪市教」569号を発行します

ニュース「大阪市教」569号を発行します。(印刷したニュース発行は5月7日)

(1面)

○休校明け 子どもの心身のケアを最優先に

○学力テスト 中止せよ

○残宅勤務の拡大実現―妊娠中配慮 現業職員も

○仲間が増えた

(2面)

○小学校つぶし 急ぐ市教委

○感染症対策 ジェンダー平等を

○教採突破のために

○中学校教科書 育鵬社採択許さない

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

 

ニュース「大阪市教」568号を発行しました

ニュース「大阪市教」568号を発行しました。

(1面)

○生野区学校統廃合計画 強引にすすめるな

○「休校措置」に申し入れ 学習権の保障を

○続々と仲間が増えた

○カジノよりコロナ対策を

(2面)

○子どもの権利NGO 大阪の子どもたちは

○不妊治療経験者が発言 労働条件交渉

○市労組連 春闘要求提出 感染症、災害対応

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

学校統廃合を考える学習・交流集会(中止)

学校統廃合を考える学習・交流集会は中止になりました

大阪市の学校統廃合を考える学習・交流集会を開催します。

市教委主導の統廃合で子どもは?
地域は? どうなるの?

大阪市は学校活性化条例を一部改正し、11学級以下の小学校を
教育委員会主導で統廃合しようとしています。子どもにとって地域
にとって大切な学校の問題をともに考えましょう。

講師 山本由美さん(和光大教授)

日時 4月25日(土)13時30分

会場 大阪グリーン会館(地下鉄南森町駅・JR大阪天満宮)

「全校休校措置」に関する緊急申し入れ

「全校休校措置」に関する申し入れ

 大阪市教は3月9日、大阪市教育委員会に「『全校休校措置』に関する緊急申し入れ」を行いました。科学的根拠に基づかない唐突な発表による一斉休校が行われ、一週間が経過し、子どもの学習権(教育への権利)、学校の混乱、保育所、学童保育、保護者の休業補償など様々な問題が起こっていることから、申し入れたものです。

「全校休校措置」に関する緊急申し入れ(PDF)

①医学的、科学的根拠、教育保障の観点を踏まえた対応を教育行政として行うこと②唐突な臨時休業の延長、学校の再開で混乱が起きないよう現場の意見を聴くこと③経済的困窮、学童、障害のある子の居場所の確保
④給食業者等経済対策
⑤教職員の加配置、柔軟な服務

以下は申し入れの内容です。(PDFと同じ内容です。)

======================

2020年3月9日

大阪市教育委員会
教育長 山本晋次 様                               
大阪市学校園教職員組合
執行委員長 宮城 登

「全校休校措置」に関する緊急申し入れ

 第2回大阪市新型コロナウイルス関連所属長連絡会議は、2月27日午後4時30分からの会議で、大阪市立幼稚園・小学校・中学校の2月29日(土)~3月13日(金)の間の臨時休業を決定しました。同日のこの後に安倍首相が、新型コロナウイルス感染症対策として、「全国の全ての小学校、中学校、高等学校、特別支援学校について3月2日から春休みまで臨時休校を行うよう要請する」との発表を行いました。大阪市立の高校については、2月28日(金)に、4月7日(火)まで教育活動等(部活動を含む)を行わないこととする通知が大阪市教委より発出されました。

 唐突な発表による一斉休校を要請された期間は、年度末を迎え、幼児・児童・生徒の将来に関わる進路決定や一生の思い出となる行事なども予定されており、幼児・児童・生徒の安全確保や授業、学校行事、入学試験への対応等について多くの課題が生じ、大きな混乱を招いています。また、多くの保護者から「仕事を休むことができない」「休業した場合の減収により生活が困難になる」「より感染リスクが高いと指摘される保育所、学童保育を開けて、学校を休校とすることに整合性がない」「一日中家の中で子どもを見るのは無理」、子どもたちからは「(休校で)退屈で仕方がない」「友達と一緒に勉強して遊べないのが大変辛い」等々の切実な声が今も新聞やテレビで多々報告されています。

 子どもたちへの感染リスクを検討し、臨時休校を行うことが必要である場合でも、各学校の設置者が、子どものいのちと健康を守ることを最優先に、専門家・教育関係者の英知を結集し、それぞれの地域や学校の実態を踏まえて対応するべきです。今回の対応は、専門家の知見に基づく十分な検討を経て行われたものではありません。ここに極めて重大な問題があることはだれの目にも明らかです。

 大阪市教は、今回の唐突な一斉休校の措置に関して、子どものいのちと健康を守ることを最優先に、専門家・行政関係者・教育関係者の英知を結集して、人員配置や財政措置を含む対応をされることを強く求め、緊急に下記の点について申し入れます。

1.子どものいのちと健康を守ることを最優先に、客観的データ、医学的知見など科学的な根拠に基づいて、かつ教育関係者の英知も結集し、子どもたちの教育保障、発達保障の観点もしっかりと踏まえた対応を、憲法と教育の条理に基づき、教育行政として行うこと。

2.ユネスコ(国連教育科学文化機関)3月5日声明「新型コロナウィルス対策の休校で世界で少なくとも2億9千万人の子どもが影響を受け、教育を受ける権利が損なわれる恐れがある」を踏まえ、臨時休業にあたってはそのデメリットに対しての論議も十分に行い、幼児・児童・生徒の教育権の保障、休業の期間や休業中の学校のあり方を含め、教育関係者の英知を結集し対応すること。唐突突然な臨時休業の延長、学校の再開で混乱が起きないよう、各種専門家の意見を踏まえ現場の声も聴き対応を行うこと。

3.貧困から子どもを守るために、経済的に厳しい家庭の子どもたちへの支援対策等を、また、学童保育の体制や障害のある子どもたちの居場所の確保など社会インフラの整備を他の機関・課と連携し行うこと。

4.臨時休業措置などの「コロナ」拡大防止対策によって、給食食材納入業者や運輸業界などが大きな打撃を受け、経済悪化が懸念される。これに対する経済対策を府の関係機関とともに国に要請すること。

5.教職員が安心して必要な対応ができるよう、必要な教職員の加配や柔軟な服務の扱いを可能とすること。また、妊婦や基礎疾患のある教職員、家族に高齢者がいる教職員もあることから、教職員の感染リスクを減らすため、次の措置を行うこと。

 (1) 必要な教職員の加配を行うこと。

 (2) 教育公務員特例法第22条に基づいて自宅での研修を積極的に奨励すること。

 (3) 前述のような事情を抱える教職員の自動車通勤を認めること。

以上

 

ニュース「大阪市教」567号を発行しました

ニュース「大阪市教」567号を発行しました。

(1面)

○維新・公明 小学校つぶし条例強行

○大阪市解体構想 財源のない特別区

○変形労働時間制NO!

○JPの会 パワハラのない職場づくり

(2面)

○新・青年フェスタ 仲間が増えた

○大阪市 給食無償化を検討 直ちに実施を要求

○2020春闘宣言集会 すごい!労働組合

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」566号を発行しました

ニュース「大阪市教」566号を発行しました

(1面)

○小学校統廃合(11学級以下)、市立高校府移管

 大阪市解体=「都構想」 暴走する維新の会

○カジノ 広がる汚職 禁止法案成立を

○「変形労働時間制」許すな 署名を広げよう

(2面)

○市民と野党の共闘で政治を変えよう! 安倍9条改憲を許すな

○市労組連 「月額臨任」実現、不妊治療休暇を制度化

○教採突破講座 8年越しの合格体験

ニュース「大阪市教」1面(画像PDF)

ニュース「大阪市教」2面(画像PDF)