育児又は介護を行う職員の深夜勤務の制限

「権利・勤務条件」の目次> I 勤務時間等 > p12

(9) 育児又は介護を行う職員の深夜勤務の制限

①対象

・ 小学校就学の始期に達するまでの子を養育する職員

・ 負傷、疾病又は老齢により日常生活を営むのに支障がある配偶者、父母、子等を介護する職員(要介護者の範囲については介護休暇と同様)

※ 職員の配偶者で当該子の親であるものが、深夜において常態として当該子を養育することができる場合は、対象とならない。

②内容

・ 校園長は、職員から請求があり、その請求がやむを得ないと認められた場合で、公務運営に支障がある場合を除き、当該職員に深夜(午後10時~翌午前5時)勤務をさせてはいけない。

③手続き

・ 深夜勤務制限請求書により、6月以内の一の期間について一括して請求。(必要に応じて書類の添付を求める場合がある。)