ドナー休暇

「権利・勤務条件」の目次> Ⅱ 休暇制度 > (2) 特別休暇 > p19

⑫ ドナー休暇

対象者

 骨髄移植のための骨髄若しくは末蒋血幹細胞移植のための末梢血幹細胞の提供希望者としてその登録を実施する者に対して登録の申出を行い、又は配偶者、父母、子及び兄弟姉妹以外の者に、骨髄移植のため骨髄若しくは末梢血幹細胞移植のため末梢血幹細胞を提供する場合で、当該申出又は提供に伴い必要な検査、入院等のため勤務しないことがやむを得ないと認められる職員

期間・日数

 必要と認める期間(検査、入院等のそれぞれについて、必要と認められる期間とし、医療施設等への往復に要する期間を含む。)

手続き

 教職員勤務情報システム(ドナー休暇申請)により請求。(日時、場所等休暇に必要な事項が確認できる書類が必要)