育児参加休暇

「権利・勤務条件」の目次> Ⅱ 休暇制度 > (2) 特別休暇 > p18

⑧ 育児参加休暇

対象者

 配偶者が分べんする場合において、その分べんに係る子又は小学校就学の始期に達するまでの子(配偶者の子を含む。)を養育する職員がこれらの子の養育(分べんに立ち会うことを含む。)のため勤務しないことが相当であると認められる職員

期間・日数

 産前産後の期間における16週間(多胎妊娠の場合は24週間)の期間において5日

※ 第1子の場合は分べん予定日又は分べん日を起点として16週間以内(多胎妊娠の場合は24週間)

第2子以降の場合は分べん予定日又は分べん日を含んで16週間以内(多胎妊娠の場合は24週間)

取得単位 1日単位もしくは1時間単位

手続き

 教職員勤務情報システム(育児参加休暇申請)により請求。(出産予定日または出産日の分かる書類の写し等が必要)